浴室乾燥機なし。それでもお風呂にカビ&汚れをためないコツ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

「今日を大切に」する時短家事と
快適に暮らしながら備える『減災収納』を
伝えています。

うちの浴室、
浴室乾燥機はついていませんが、
カビの悩みはなし。

ゴシゴシ、力も使わず
洗剤もカビ取り剤も使いません。
それでもちょっとした心がけで
いつもそこそこ快適な浴室になります。

今日の話題は
カンタンに確実に
今日からできるお風呂のカビ対策です。

 


■窓も浴室乾燥機もなし
それでもカビない簡単な方法

浴室に窓があったら
窓とドアを全開にして、思い切り風を通したいです。
だけど、うちの浴室には窓はなし。
そこでドアを締め切って換気扇をスイッチオン。

さて、
お風呂の中の湿気をしっかり抜くには
浴室のドアの下にある
換気(通気)スリットから空気を吸い込み
湿気も一緒に換気扇で建物外に
追い出すのがポイント。

効率よく湿気を追い出すために
窓もドアも開けてはいけません。

講座で
「え?ドア開けた方がいいのでは?」
という声をよく聞きます。

開けるのは
湿気をしっかり取ってから、補助的に。

昔新築のマンションに住んで
退去するとき
不動産屋さんから浴室にカビがないって
ほめられたんです。

入浴したついでの
ちょこっと掃除しかしていなっかったのに~。
コツは、カンタン、
一晩中の換気

■電気代を節約してカビない方法!

換気扇一晩中つけるって
電気代がもったいないとか思います?

カビさせてカビ取り剤買って
カビで家(浴室以外も)も傷んでしまうし、
なによりジメジメはイヤですよね。

省電力には反するけれど、
換気扇を効果的に使いたいです。

でもね、換気による除湿では、
カビはつかないけど
水分が抜けたあと
水道水のカルキがたまって
水あかができます。

ヌルヌル汚れもイヤですが
白く曇ったカサカサ汚れも困りもの。

そこで、
10年以上前から浴室から出る前に
バスタオルで水気を拭き取ることを
始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑浴室内

 

■浴室で身体を拭くついでに
カビ対策

まず身体を拭いて、
カラン、鏡、洋装の縁、エプロン、膝くらいまでの壁、
最後に床、自分の足を拭いて(だから足ふきマットいらず)。

濡れたバスタオルを浴室の突っ張り棒にかけて
ドア締めて換気扇オン。

最近は、
浴室から出る前に、
バスタオルで身体を拭くのは同じですが、

吸水力がタオルの3倍と言われる
マイクロファイバークロスを
浴室内目の高さ(ここポイント!)に置いて、
それで水気を絞りながら拭き取っています。

超極細繊維には汚れ取り効果もあり、
水気といっしょにカビの原因の一つ
飛び散った石けんの泡や石けんカス汚れが取れます。

拭き取りはそういう意味でも効果あり。

 

ところで、
NHKの番組『ガッテン』で、
「50度の熱湯5秒でカビ退治」を紹介していました。

50度のお湯でカビを退治したあとが肝心。

そのあと、
換気などで除湿を!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハンギングはボディブラシと水あか取り用クエン酸スプレー

■1分の習慣でお掃除時間なし!

うちが長年やっているのは
水気拭き取りとしっかり換気です。
お風呂上がりの1分の拭き取りで
お風呂掃除の時間いらず

浴室内のジメジメも消えて
換気時間も早まります。

自分のあとに家族が使う?

乾いた時間が短くて
ちょっと悲しいけれど(?)
一度は水気と汚れは拭き取られますから、
やらない理由にはなりません(笑)。

水垢などの白汚れは
まだ試行錯誤中です。(➞追記2参照)

これも、特別なものはいらなくて、
汚れのもと(石けんやシャンプー)を使わないのと
汚れの拭き取りが一番かと思っています。

 

《追記1》
浴室から出る前に水気のふき取りをするには
入浴後浴室内で
バスタオルで身体を拭きたいです。
水滴が体についたままだと、
スッキリしませんし、冬なら寒いです。

そこで、ドアにフックをつけて
バスタオルを浴室内から取れるようにしているんです。
うち開きドアですから。

《2017年5月/追記2》
鏡やドアの白っぽい水垢が次第に取れました!
拭く効果はすごい!

カビ取り剤いらずの浴室。入浴ついでに1分拭いて、しっかり乾燥でお風呂掃除なし!

 


posted : 2016年7月2日