「カレーの後片づけがめんどう…」。洗剤使わずラクにすっきりできます♪

カレーって
子どもも大人も喜びますね。

でも…「あと片づけが大変」
という声も聞きます。

うちでは
お鍋いっぱいに作り
小分けして冷凍。
空いたお鍋も
食べた後の食器もササっと
すっきりきれいになります。

秘訣は洗剤を使わないこと。

こんにちは!
暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

「今日を大切にする」時短家事と
暮らしがラクになる「減災収納」
をお伝えしています。

今日は、
カレーのあと片づけを
ラクにすっきりさせる方法を
取り上げます。

 

■カレーの後始末をラクにする秘訣

ポイントは
お鍋や食器をシンクの中に入れずに
調理台の上で処理すること。

まず新聞紙を広げます。
(新聞紙のない家は
読み終えたタウン誌や自治体の広報誌を
取り置きましょう)。

広げた新聞紙の上で
お鍋や食器についたカレーを
スクレーパー(シリコンのへら)を使って
ほぼ取ってしまいます。

さらに写真の隅に見える
アルカリスプレー
(※後で作り方を説明)
をかけて残ったカレーを
ウエスで拭い取ります。

(このアルカリスプレーをかけると
少し時間が経って乾いて
こびりついた汚れもゆるんで
スルスル取れます)。

すると…
洗った後?と間違うほど
ほとんど汚れがありません!

しかも拭い取った汚れも
ウエスもたたんだ新聞紙の中。

調理台の上も汚れません。

 

■仕上げの洗いもアッという間に完了

 

パッと見て
汚れがわからないくらいですが
少しだけ油分が残っているので
ここでもう一度
アルカリスプレーをかけて
マイクロファイバークロスで
洗いながらすすぎます。

お湯を使わず
お水をちょろちょろ流す程度で
すすいで
べたべた解消でサラサラに。
きれいになるのが肌で感じられます。

食器も同じ方法で
アッという間にきれいになって
本当に気持ちがいい~♪

拭いたお鍋や食器の向こうに
ゴミが見えます。

 

■生ごみとふきんの始末も
ササっと一連で完了

新聞紙に包んだごみは
このままゴミ箱へ。

食器を拭いている間に
同時進行でお鍋で
お湯を沸かしています。

お湯が湧いたら
洗い物に使った
マイクロファイバークロスを
漂白します。
(※酸素系憑依白剤使用)

冷めるまで放置してすすいで干します。

 

■洗剤を使わないのが
洗い物をラクにするポイント

カレーでもなんでも
洗剤を使わないのが
洗い物がラクにできる秘訣。

それでは何を使う?

アルカリ液。
これは特別なものではありません。
水に重曹を入れて沸騰させたもの。

水に溶けにくい重曹も沸騰させると
油汚れに大活躍。

カレーの後始末だけでなく
油の汚れにも
食器やお鍋に
直接アルカリ液をスプレーして
スクレーパーやウエスで拭い取ります。

うちでは
500CCくらいに大匙1ほど入れて
沸かして冷まして
使いやすく小さなスプレーに小分け。

200CCなら小さじ1ほど。
いい意味での適当な感じ。

スクレーパーを使うと
直接肌に触れにくいですが
(わたしの場合触れても平気ですが)
肌の弱い方は
触れると皮脂が取れて
カサカサになるかもしれないので
ヘラでよく拭い取ってから
すすぐのがおすすめ。

合成洗剤を使って
手荒れで困っている方にも
この方法はおすすめです。

洗剤に頼らない
食器洗いの方法を身につけていると
水不足の時も焦らずに済みます。

洗剤の泡は確かに汚れを取ってくれますが
今使っている合成洗剤が
自分の肌のダメージに
なっていることもあります。

今日は重曹を入れたお水を
沸騰させるアルカリ液を紹介しましたが
それも必要ないかもしれません。

汚れを自分の手で拭い取るひと手間が
食器洗いをラクにする一番の方法です。

カレーなど
汚れをスポンジなどで直接洗うことは
かえって汚れを広げていることに
なりそうです。

 

**********

【こちらの記事もおススメ】



**********

 

実際の手の動きなどを目の前で見られる
キッチン収納の見学もできる講座の詳細は
こちらに掲載しています。↓

〈時短家事・キッチンライブ講座〉
http://doikeiko.com/menu-reserve


posted : 2019年10月21日